お知らせ
この時期、当地ではこのようなものをよく見かけます↓↓↓  

  どんど焼き

これが何だかお分かりになりますか?


これは、どんど焼きの土台です電球
(ちなみに背後に冠雪した南駒ケ岳が見えます。)

最近は都会の方では見られなくなったようですが、
昔からの小正月の行事で、
竹やわらで作った芯に、
門松やおやすなどのお正月飾り、昨年のだるまなどを巻きつけ、
焼き上げるものです。
 
そして、その火でお餅を焼いて食べ、
この年の無病息災を祈る、という慣例行事なのですニコッ

地域によって、形状はいろいろあるようですね。
 
写真では、ブルーシートがかけられていますが^^;
 (飾りが飛ばされないようにするためだと思います。)
焼くときにははずします。

日にちは、地区によって違うのですが、
このあたりでは、この週末から15日の間に焼くことが多いようです。

こちら方面にいらっしゃる方は、道中、ちょっと探してみてください。
河川敷や田んぼ、空き地で作られていることが多いです。

さらに、焼いている風景を見ることができたらラッキー手
何かよいことがあるかもしれませんネ顔文字
(当地では、朝焼く地区が多いです)

今年一年、素敵な年になりますように
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
11月上旬に観光案内所につるした”干し柿”
そのときの様子はこちら

見事にできあがりましたーkyu

 干し柿1

 干し柿2

きれいに白い粉をまとっていますが、
これは、柿自身がもつ糖分なんです電球

天日干ししたあと、しっかり”柿もみ”の作業をすると、
きれいに粉をふくんですヨ!

規格外の小さい柿で作ったので、
少し小ぶりの仕上がりですが、味はなかなかでしたヨ
中はしっとりで、やさしい甘さでしたかお

お味見希望の方は、観光案内所にお立ち寄り下さーいkyu

お買い求めになりたい方は、
”農産物直売所あざれあ”や”かぶちゃん農園”にてどうぞ!

おいしいですヨ〜
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
日に日に冬が深まる今日この頃ですが、皆さん、運動不足になっていませんか?

寒さでつい外に出るのが億劫になってしまいがちですが
こんな時期こそ元気にお散歩してみませんか?

天龍峡のあたりでも、朝夕は冷え込みますが、
晴れている日の日中は、結構温かいんです!
太陽が気持ちいいですよ〜

また冬場は、空気が冴え渡るので、
いつもよりきれいな青空、おいしい空気を楽しめます

天龍峡遊歩道は、1周1時間〜1時間半程度。
多少アップダウンもあり、ちょうどよい運動に。

ちなみにカロリー計算をしてみたところ、
”しょうゆラーメン”1杯程度のカロリーは消費するみたいですヨ

それで物足りない方は、上流側の川沿いの桜並木やビオトープを
お散歩しても気持ちよいと思います!

そちらからは、天竜川はもちろん、
冠雪した南アルプス、中央アルプスを見ながら歩けるので、
とてもきれいですよー

自転車をお持ちの方は、サイクリングもよいかも

ただやはり立冬間際で日暮れが早いので、
できるだけ早い時間に、
そして晴れている日にお越し頂くことをおススメいたします。

ぜひ天龍峡へ、冬のお出かけに
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
 天竜川の右岸の地域、川路の収穫際に参加させて頂きました

臼と杵でお餅をつき,

 
本来は小正月に飾るものですが、収穫祭と言う事で来年の豊作を祈り”餅花、繭玉、柿玉”を
作りました。
お蚕さんの繭の形に整えます。 

かつては、養蚕王国と言われた伊那谷ならではの飾り”繭玉”は、桑畑や養蚕家、製糸業が
盛んだった時代がしのばれます。

”餅花”はサイノメ状に切り、竹に飾ります。子供達がたくさんつけてくれました 



出来上がり!


ここ天龍峡観光案内所にも、ミニ飾りが飾られます
是非、お立ち寄りください
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
冬の到来に伴い、毎年恒例の”こたつ舟”の登場です。

”天竜舟下り”では昨日から、 ”天竜ライン下り”では今日から、こたつ舟の運行です!

冬でも川下りを暖かく楽しんでいただけるよう、お舟の上にこたつを置いています。

こちらは、天竜ライン下りさんの様子です。   

こたつ舟1

こたつ舟2

舟の上に、細長ーいこたつが
 

さて、このこたつの中がどうなっているかと言うと・・・  
ちょっと失礼して、毛布をめくらせて頂いて・・・

  こたつ舟3


うん?電気こたつ?

いえいえ。一見、普通の電気こたつのように見えますが、
舟の上には、当然、電気コンセントなどございません

それでこの中には、”豆炭”が入っているんですよ

この豆炭がやわらかい熱を放ち、とても心地いいんです。
もう舟から降りたくなくなる感じ


続いて、天竜舟下りさん。ちょうどお客様が出発なさるところでした〜。  
皆さん、素敵な笑顔
暖かいこたつで、雰囲気もほがらかに
 
 こたつ舟4

こたつに掛けている赤い布には、宝船に乗った七福神さんが!(見えますか〜)
お客さんも宝船に乗った気分で、縁起よくいざ出港です!

こちらのこたつは、あんかが入っています。    
 こたつ舟5

冬の川下りは寒いイメージがあるかもしれませんが、
こたつと屋形のおかげで、意外とポッカポカ

(ライン下りは、天候の都合などにより屋方があるときとないときがあります。)

今日のような晴天の日は、みんな暑くて、窓を開けたり、上着を脱いだりするくらいなんですよ!

ぜひ、こたつ舟、皆さん、体験してみて下さーい。
 
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
 天龍峡にも晩秋の香りが漂って参りました

しかし、連日大型バスのツアーのお客様など、紅葉を名残惜しんで頂きながら
沢山のお客様が街を歩いて頂いております。

普段は、二両で頑張っている飯田線、この人数は大丈夫か?乗れるか?と、いうくらい
大勢のお客様がホームに並んでいます
でも、大丈夫ちゃーんとみなさん乗り込んでいらっしゃいます
地元の方も驚いている光景です

この週末には、今度は落葉の絨毯を楽しんで頂けるかと思います
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
もうすぐ11月22日。そう、”いい夫婦の日”ですDocomo80

天龍峡には、日頃から本当に仲のいいご夫婦の方々がよくみえられるんですヨゆう★

昔、新婚旅行に天龍峡へいらっしゃった方々も多く、当時を懐かしんで来て下さったりもします。
 
そういうご夫婦にお会いしながら、「私もずっと仲の良い夫婦でいたいなぁ」などと
ほほえましく拝見させて頂いておりますkyu

ところで、天龍峡では俳句・短歌・川柳を募集しておりますが、
その応募作品の中にも、夫婦仲を詠んだ素敵な作品が多いんですよ!

”いい夫婦の日”にちなんで、第2回応募作品の中から”夫婦”の作品をご紹介いたします。
 

若き日の思ひ出深きつつじ橋金婚の日手をつなぎ渡  (岳道さん)
さわやかな朝の日のさす姑射橋にゆかた姿の旅人二人  (大原よしみさん)
つつじ橋が懸橋なりし峡谷の吾が渡り初め夏の顕ちくる  (窪田 久さん)
夫婦仲櫂でさばくは船頭さん   (赤木猛支さん)
妻の手は何年ぶりかつつじ橋   (黒田のウサギさん)
つり橋で古旦那にもキュンとくる  (美月さん)
饒舌な妻も無口な舟下り (風来坊さん)
足湯にて心おだやかわかったワここで育ったパパのやさしさ (松下由美子さん)
吊り橋を渡り終えしつれあいの安堵の笑顔愛しく想ふ  (江美さん)


いかがですか?
中には笑っちゃうものもありますがDoCoMo 心がほっこりしませんか?

どうやら天龍峡は、熟年夫婦の方がゆっくり時間を過ごしたり、
少しときめいたりできる、とても良いスポットのようハート

ちょうど今、紅葉も本当にきれいですもみじ

紅葉8

    紅葉9

この週末は、ご夫婦で天龍峡にほっこりしにお越し下さいニコッ電球
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
この季節、天龍峡の紅葉とともに、朴落ち葉に出会います落ち葉
 
朴の葉はとても多きいんですヨ。
靴よりも大きくて、1枚30〜40cmくらいありますkyu

そうです。朴葉みそ焼きに使われる、あの葉っぱですニコッ

そんなに大きいものだから、散るときも、ゆーらり。ゆーらり。
 
ここで、天龍峡のそんな風景を詠んだ俳句をご紹介します。

 
  朴落ちば、やうやく届く早瀬かな


飯田市出身の北原阿智之助さんの俳句です。

天龍峡の深い岩場をゆっくり落ちてゆく朴葉と、
天龍川の早い流れが対照的で、とても美しい瞬間だなぁと思いますペン

遊歩道沿いに句碑が立てられているので、探してみてください

そして、この季節ならではの風景をごゆっくりお楽しみ下さいませ!
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
今日も、紅葉がきれいですよー。
何枚か写真を撮ってきたので、ご紹介します!

ドウダンツツジが燃え盛るよう!
  紅葉2  
 

クラデーションがきれい
    紅葉1  

青空に紅葉が映えています!
  紅葉8  

遊歩道も紅葉のトンネルに。
    紅葉7  

龍角峰から見下ろした風景です。
    紅葉6

いかがですか。今、とてもきれいです

遊歩道は1周約1時間で歩けます。

結構高低差があるので、まだこれから色づくところもあり、
もう少し楽しめそうです!

ぜひ皆さま、天龍峡へお越し下さいませ。
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
 天龍峡の紅葉は見頃を迎えました!今がこれ以上ないと言う程の紅葉です。




このモミジの色のグラディーション!
  遊歩道を歩く方の足を止まらせる美しさで、立止まって見上げているお客様が多くいらっしゃいました。 
 


 天竜川のエメラルドグリーンと紅葉の赤、まるで絵に描いた景色。
絵葉書の様です。


 


さらに、天龍峡だけでなく・・・東京方面よりお車でお越しのお客様は中央道の両側に中央・南アルプスの紅葉が広がり大変美しいですよ!

また、電車で豊橋方面よりお越し頂くと、天龍川沿いの渓谷の紅葉と遠くに望む山々の色付き
をご覧頂けます!!

天龍峡に来るまでの道中も今まさに絶景ですので、楽しみながらお越しくださいね
by 天龍峡温泉観光協会季節情報
新着情報
お知らせカテゴリ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
リンク
RSS配信
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ
天龍峡温泉観光協会

ページ先頭へ