お知らせ

本日、例年よりやや遅れて天龍峡のヤマユリが開花しました

まだ1輪確認しただけですが、次々と開いていきそうです

 

天竜川左岸のりんご農家の土手に咲きだしたヤマユリ

 

今村公園へ行く坂道の土手を見上げてみてね

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

例年七夕の頃開花が始まる天龍峡のヤマユリユリ

あと、1週間ほどで咲きだすかと思われます、がどうでしょうか・・・はてな

 

ユリ天竜川左岸、日当たりの良い土手のヤマユリ

 

 

ユリ天竜川右岸、樹木の下のヤマユリ

 

もうすぐ白くて大きな花と甘い香りに包まれる天龍峡ですニコッ

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

春のミツバツツジつつじから始まった天龍峡のツツジのリレー、アンカーの「龍峡サツキ」が見頃となっています花

 

写真の中央、峡谷の岩の間に咲く赤いサツキです花

過酷な条件下の為に大きく成長は出来ずにけなげに咲いていますきらきら

 

この天龍峡の峡谷の岩の間に咲くサツキは天竜ライン下りの舟からよくご覧いただけます舟

 

巨岩のわずかなすきまに咲く龍峡サツキ、遊歩道からも確認できます花

よーく探しながら遊歩道をお歩きください双眼鏡

 

梅雨が明ける頃にはサツキからヤマユリの季節に移ります花ユリ

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

梅雨入りと同時に長い空梅雨が続いた天龍峡太陽 → 雨

ようやく乾いた大地にめぐみのお湿りが来るとアジサイが元気に咲きだしましたあじさい

 

第二公園のアジサイあじさい

毎年、虫の被害で葉っぱが食べつくされて葉脈だけになりますが今年は大丈夫虫虫

 

峡泉の玄関入口に咲くアジサイあじさい

ぽんぽんに咲いています

 

第一公園に咲く紅ヤマアジサイあじさい

これから日ごとに赤がはっきりとしていきます

 

第一公園に咲くヤマアジサイあじさい

線香花火のようでかわいい花です

 

雨が似合うアジサイ、遊歩道では質素な「コアジサイ」、最後に咲く「タマアジサイ」までいろいろなアジサイをお楽しみいただけますあじさい

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

天龍峡の第三公園を春から晩夏まで彩るのがノアザミです花

 

ノアザミはキク科の植物、花に触ると粘り気があります。

葉っぱにはトゲがあって触ると痛いですよ痛い

 

この公園脇にはリニューアルオープンした「ご湯っくり」があります温泉ざるそば

温泉に来られたり、お蕎麦を食べにこられたりした折に公園の中にお入りください。

桜の木の元や、藤棚の下で咲いています花

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

関東甲信越地方もきょうから梅雨入りをした模様、とのニュースラジオ

天龍峡は朝から曇り空、時折雨粒がパラパラ程度雨

 

橋姑射橋から緑に包まれた天龍峡を眺めると

ツッピ、ツッピ・・・とシジュウカラの声が峡谷に響いています鳥

 

雨の天龍峡、しっとりとして緑もあざやかになります葉

静かな遊歩道を歩けばいい一句が浮かびそうですよ(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

天龍峡の峡谷沿いの遊歩道を歩くと季節が次々と変わっていくのを花たちに教えられますサキ

ついこの前までは小さな蕾だったホタルブクロ、油断していたらこんなにきれいに咲いていました花

 

花ソメイヨシノの株元に咲いているホタルブクロ

龍江側の今村公園とその入口にはあちらこちらで咲いています

 

提灯に似ているので”チョウチンバナ”ともいわれるホタルブクロ

遊歩道の散策もこんなかわいい花に出会えると足も軽くなりますね花(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

野山にウノハナの白く小さな花が見られる季節になりました花

 

草龍江地区今田平の田園風景

天竜峡駅から徒歩10分ほどでこんな景色の場所に

天龍峡の峡谷のそばに田園風景が広がるのも天龍峡の良さです

 

音符早苗植えわたす夏は来ぬ音符

なぜかホッとする風景がある天龍峡ですよ(chara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

今村公園のユリノキの開花が始まりました花

5月半ばにはまだ小さな蕾でしたが、きょう見に行くと一斉に開いていました

 

チューリップ天龍峡龍江側にある今村公園

ユリノ木(モクレン科)は中央よりやや左側の一番背の高い木木

 

チューリップクリーム色をしたのがユリノキの花

 

チューリップチューリップのような形をしているの「でチューリップの木」とも

これからさらに開いて大きさを増しますよ

 

チューリップ龍江かるたの看板が木の脇に立っているので目印に

 

大正元年、国賓として来日されたイギリス皇帝名代の王族・コンノート殿下王冠の天竜川下りを記念して植樹されたといわれるユリノキ

このお話は天龍峡観光案内所までお問い合わせくださいね

(chara)

 

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

今年もギンリョウソウが遊歩道沿いに現れましたkyu

 

アパトギンリョウソウが3本(?)

 

銀竜草と書いてギンリョウソウ

名前の通りに銀色にも見える透明感のある白一色

茎の先にある(花)が竜の顔龍に見えるためかつけられた名前

実は菌類に寄生する腐生植物

毎年出てくる場所が変わるためか、この見た目のせいか「ゆうれいそう」草とも呼ばれてます

この不思議なギンリョウソウを見つけるとなんだかとてもラッキーな気分に手

 

天龍峡遊歩道のあちらこちらで見かけることができますが、枯れ葉などに埋もれれように出てくるのでよーく見て探してね電球

(chara)

 

 

by 天龍峡温泉観光協会季節情報
新着情報
お知らせカテゴリ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
RSS配信
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ
天龍峡温泉観光協会

ページ先頭へ