お知らせ

10月3日火曜日の天龍峡の景色をお届けします紅葉

 

遊歩道の尾曽写真館前の枝垂れ桜(夫婦桜)です紅葉

黄色く色づいています。

 

枝垂れ桜の近くにある『飯田娘』女の子の碑です。

碑の後ろの満天星(どうだん)がほんのり色づき始めました紅葉

 

市丸碑の脇の紅葉です紅葉

紅い葉がチラホラ見えますあひゃネコ

 

天龍峡のリンゴ狩りリンゴも本格的に始まりました。

お問い合わせは 

天龍峡リンゴ狩り組合電話0265-27-3322ですリンゴ

(リュウノヒゲ柴犬)

 

 

 

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

10月にはいり朝晩冷え込むようになりました。

天龍峡の紅葉の情報を少しづつですがお届けします紅葉

 

姑射橋の上からの眺めです♪

右上に少しオレンジ色に色づいた葉が見えます紅葉

 

姑射橋のたもと 市丸碑の周りも夏の緑から

秋に向ってオレンジ色に色づき始めました紅葉

 

りんご狩りも始まっていますリンゴ

ボールペンと比べるとその大きさが際立つ『世界一』

ビックリの大きさですstar

 

これから 日いちにちと秋の気配が濃くなっていきます。

日中は暑く感じますが、朝晩は涼しいのでどうぞお気をつけておいでくださいキラキラ

(リュウノヒゲ柴犬)

 

 

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

きょうはお彼岸のお中日、青空の広がる天龍峡です青空

今田平地区にある紅雲寺跡ではヒガンバナが見事に咲いています彼岸花

 

中央の大きなカヤノキのあるのが紅雲寺跡。

稲穂も実ってきました稲穂

 

数十体の石仏や石碑の中に咲くヒガンバナ彼岸花

 

静かな田園の中でこの仏さまはどんな時代の流れを見てきたのでしょうか。

 

まだつぼみも多くてもうしばらく楽しめそう彼岸花

 

地元の文化・自然・歴史的文化遺産などをカルタに読んだ「龍江かるた」。

かやの木に歴史をきざむ紅雲寺

 

明治6年の廃仏毀釈により廃寺となった紅雲寺は地元が受け継いで今日もお祀りをおこなっています拍手

また、河東秩父(かとうちちぶ)第32番札所です。

跡地には、集会所を兼ねた観音堂、岩山には蚕霊堂と数十体の石仏や名号碑があります。

岩山にそびえるカヤノキは樹齢250年以上といわれ、目通り4mの大木です木

 

紅雲寺跡へは八重桜街道に入ってすぐにある「細新処理場」角の道を入ったところです。

塀の上にある樹木の茂っているところです木

「稲葉クリーンセンター」の看板が設置され、軽トラが出てきているところのすぐ先。

 

JR天竜峡駅から徒歩10分ほどでいかれます。

実り豊かな里山の散策をしながら野仏と出会うお彼岸はいかがでしょう散歩

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

天龍峡から天竜川の上流側に少し移動したところは今田平と呼ばれている地域です。

八重桜街道桜や果樹園林檎ブドウ、田畑のある天竜河原の広々とした場所です稲穂

ここにお花畑があるので出かけてみました花畑


今田人形の館の見える場所に咲いています花畑

 

コスモス黄色い花は「レモンブライト

花オレンジの花は「オレンジフレア

 

すぐ近くにはヒマワリが青空に元気よく伸びていますひまわり

写真を撮りに見えられた方もカメラ

 

飯田市のシンボル「風越山」をバックに咲くヒマワリひまわり

 

今田平ブドウ園を挟んだ所にコスモス、ヒマワリが咲いています

秋空になって青空のきれいな写真をお撮りいただけますよ山

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

きょうは処暑、だんだん涼しくなっていく頃とか。

そうであって欲しいと願う暑い毎日ですが、きょうは雲が多く風もあって比較的過ごしやすい天龍峡。

 

遊歩道に入っていくとお客様が「あら、ミズタマソウ(水玉草)」と教えてくださったのがこの植物。

名前のかわいらしさに掲載しました。

よく見ると球形の実にはスジが入っていて紙風船のようです。

白く小さな花もつけています。

 

何年も遊歩道を歩いていますがまだまだ勉強不足です。

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

ちょっと前まではお盆を過ぎると涼しくなる、と言われていました。

それも昔話になってしまった気候でまだまだ暑さが続きます。

こんな30度越えの暑さの中でも天龍峡の峡谷を歩くとひんやりした空気にホッと一息。

そして今が見頃のタマアジサイが涼やかさを増してくれます。

 

写真右上にまん丸い玉をごらんいただけますか、タマアジサイの蕾です。

このまん丸い蕾が名前の由来のようです。

 

天龍峡に咲くアジサイの最終ランナーのタマアジサイ。

素朴ながらもきれいなアジサイの色をしています。

吊り橋のたもとにある昇竜泉のそばに咲いていますよ。

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

連日の猛暑ですが暦の上では立秋を過ぎました秋

明日は山の日山

天龍峡では大きなリュックを背負った方々が目立ちます リュック

 

今年もたくさんのツバメが案内所のあちこちに巣を作り、子ツバメがいっぱい巣立ちましたツバメ

飛び交うツバメの糞に悩まされ続けましたが、黄色い口を開ける子ツバメはお客様に喜ばれました ひよこ

 

ひよこひとつだけ遅くに巣作りをしたツバメの巣、巣立ちも近そうです

こんなに遅いヒナたちの巣立ちでも大丈夫なのかな・・・

 

これから遠い地へと旅立っていくのでしょうね 鳥

来年も待ってるよ〜

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

きょうは大暑晴れ

天龍峡の空は曇って気温も26度と比較的過ごしやすいです雲

雨で天竜川の水も濁っていますが、川下に行くにしたがって澄んでいきます

天龍ライン下りの下船場あたりは濁りも無いようです川

天龍ライン下りの舟に乗って絶壁に咲くヤマユリを鑑賞しませんかユリ

遊歩道沿いに咲くヤマユリとは違った力強さ、たくましさが感じられます

 

昨日は午後から激しい雨になりこんなに濁りました

 

天竜川の絶壁に咲くヤマユリユリ

どこに咲いているかわかりませんね、下の写真が拡大したものです

 

真ん中あたりに点々と白く咲いていますユリ

 

こんな絶壁にも峡谷を見おろして咲くんですよユリ

峡谷絶壁に咲くヤマユリは舟下りの舟を見おろして見物しているんです

 

天龍ライン下りは定期船が下記の時間に出発します

9:20

10:30

11:45

13:00

14:10

15:20

15分前までに受付をしてくださいね

 

天龍ライン下り45分の船旅で四季折々の大自然を満喫していただけます

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

先にご案内したヤマユリが見頃を迎え、アジサイもまだきれいな天龍峡ですが他にも遊歩道を彩る花の紹介です花

 

花案内所から徒歩2分ほどのところにある「ノウゼンカズラ」

お客様に「珍しい大木だね〜」と言われますが、実は梅の木に取り付いているんですよ

春先には梅がちゃんと咲きます梅

 

 

花「ヤブカンゾウ」八重咲が特徴でこのあたりの里山にはあちらこちらで見かけます

 

 

花「ノカンゾウ」花びらの中心にある黄色い線が特徴

 

ホオズキ袋が黒っぽいホオズキ

珍しいですね、中の実は何色でしょうか

 

葉っぱ「ハナイカダ」葉っぱの上で花が咲き実を結びます

熟して黒くなった種はポロリと落下しますが、その前ですとこんな様子がご覧いただけます

 

ナデシコ「カワラナデシコ」ピンクの花ってやはりかわいいですね

 

大きなヤマユリやアジサイの花の間に咲くかわいい花たちも探してね

(c hara)

 

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

7/12に開花が始まったヤマユリはあちらこちらで花を開き見頃に向かっている天龍峡ですユリ

 

ユリ龍角峯の上から吊り橋を眺めるヤマユリ

ここからは三遠南信自動車道の天龍峡大橋の架橋現場が良く見えますよ

 

ユリ姑射橋の脇にたつ”天龍奥三河国定公園 天龍峡”の看板の脇に咲くヤマユリ

 

ユリ🎼 天竜下れば〜 ♫ と唄った市丸姐さんの碑を通り越した遊歩道沿いのヤマユリ

 

ユリ「あそこに咲いてるよ」kyu

 

ユリ観光客の方が見ているヤマユリ、ドウダンツツジの木の間で大輪をいくつも咲かせています

 

日ごとに開花の数が増えていくヤマユリ、香りがしたらキョロキョロしてみてね目

きっと近くに咲いてますよユリ

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報
新着情報
お知らせカテゴリ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
RSS配信
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ
天龍峡温泉観光協会

ページ先頭へ