お知らせ

天龍峡にお越しになられたお客様からの質問の第1位は「天竜川の水の色はなぜ緑色?」というものです。
ある時はエメラルドグリーンに、またある時は抹茶ミルク色だったりと毎日七変化をして美しい天竜川の水の色です。


カメラこのように天龍峡の峡谷を流れる天竜川は緑色をしています。
この色合いは名勝天龍峡には欠かせないものです。 


カメラきょうの流れは「ひすい色」に見えます。
きれいな水の色にお客さまから歓声があがります。


カメラ河原に近づくと透明ですが、距離ができると緑色に見えます。

この地で生まれ育った人には当たり前の天竜川の水の色、何の疑問も持っていません。が、なぜ緑色?と聞かれて初めて「あれ、そうだなぁ」、と。
なぜか天龍峡を挟んだ上流下流域が緑色です。
天竜川の始まりである諏訪湖から流れ出る時、天竜川の終点の太平洋にそそがれる時はいわゆる普通の川の水の色です。

その秘密は・・・
天竜川の源流は諏訪湖にそそがれる八ヶ岳連峰などからの各河川。
その諏訪湖から流れ出た天竜川は赤石山脈(南アルプス)・木曽山脈(中央アルプス)に挟まれ、そこを源流とするたくさんの川からの流れを集めて太平洋へと旅をします。
それらの河川の水質と水量の加減で緑色の七変化がみられる、といったことだそうです。
自然の織りなす神秘的な調合が天龍峡近辺の川の色を作り上げていたのです。

一期一会の天竜川の水の色を楽しみに天龍峡へお越し下さいませ。
                         (ひいらぎ

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ
新着情報
お知らせカテゴリ
月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
リンク
RSS配信
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ
天龍峡温泉観光協会

ページ先頭へ