お知らせ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

お盆休み明けの天龍峡ですが、

たくさんの方々にご来峡頂いております人

ありがとうございますお辞儀

 

天龍峡温泉交流館 ご湯っくりのお食事処「そばの郷 農耕百花」

営業変更のお知らせです

 

営業時間  昼営業 11:00〜14:00(お昼は変更ありません)

      夜営業 予約のみの営業になりました

      詳しくは、要相談になります。

      090-4159-7931 農耕百花 清水まで

 

 

7110クローバー

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

第9回天龍峡 俳句・短歌・川柳の募集締め切りは8月末日です。

締切が近づきましたビックリ

じっくりと推敲されている方、忘れている方、これからひねってみようとされている方は投稿のご準備をお願い致します手

 

 

応募要項

部門

 俳句(基本は五・七・五で季語を入れて)

 短歌(基本は五・七・五・七・七)

 川柳(基本は五・七・五)

 

テーマ

 天龍峡で感じたことをご自由に。

 (おひとり何作品でも応募できます。)

 

応募締め切り

 2017年8月31日(木)

 

応募方法

 投稿用紙に記入して、天龍峡百年再生館や天龍峡の店舗などに設置されている投稿箱へ。

 郵便・FAXの場合は天龍峡観光案内所へ。

  〒399-2431 長野県飯田市川路4874-1

  TEL・FAX 0265-27-2946

 

 *所定の投稿用紙でなくても大丈夫です。

  便箋、白紙などに

  作品と俳句・短歌・川柳の区分、ペンネーム(ある方)、ご住所、ご氏名、学生さんは学年をご記入してお送りください。

 

 メールでの投稿もOK

  info@tenryukyou.com

  「第9回投稿」の題名にてお送りください。  

 

その他

 未発表作品に限ります。

 作品・ペンネーム・学年・在住市町村名は主催者が自由に公表できるもとのします。

 ご住所・ご氏名は受賞者への連絡業務に限り使用し、他での利用、外部への漏洩は一切致しません。

 ただし、入選者について、ペンネームの記入がない場合は氏名を発表させて頂きますのでご了承ください。

 

多くの優れた詩歌が詠まれてきた名勝・天龍峡。

見たこと、感じたことを自由に表現してみませんか。

入賞作品には素敵な賞品プレゼント。

 

吟じよう。天龍峡

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

JR飯田線は秘境駅ランキングに6つの駅がランクインしています。

 星第2位   小和田(こわだ)駅

 星第4位   田本(たもと)駅

 星第13位 金野(きんの)駅

 星第30位 中井侍(なかいさむらい)駅

 星第32位 為栗(してぐり)駅

 星第38位 千代(ちよ)駅

この6つに大嵐(おおぞれ)駅を加えた飯田線秘境駅6駅プラス1を1日で制覇できるダイヤを見つけましたき

『旅と鉄道』9月号に豊橋駅起点の時刻が記載されています。

天龍峡観光案内所からも「行ってみたいきゃvネコ」ということで

JR天龍峡駅からの時刻をc haraさんが付け足してくれましたありがとう

1日すべてを自分の為だけに使うきらきらという贅沢な選択いかがですか!?

 

追記

8月20日は、飯田線天龍峡駅〜豊橋駅全線開通80周年記念日です電車

(リュウノヒゲ柴犬)

 

 

 

 

 

 

 

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

暑中お見舞い申し上げます夏

きょうから8月

7月にもいくつも大きな花火大会がありましたが、これから秋祭りまで飯田下伊那の各地で花火が上がります花火

地元ではふつうの光景ですが珍しいことのようです。

運が良ければ3か所位の花火を一度に見られる場所もあります。

 

今月は借景で花火が見られる天龍峡から8月のあれこれをお届けいたします。

 

 

月遅れの七夕飾り

 

8/1(火)〜8/7(月)

観光案内所に笹と短冊が用意されています七夕

7月に願い事をしてない方、もう一度願いたい方

どなたでもご自由にお書きになってください

 

人形劇フェスタ

8/2(水)〜8/7(日)人形

川路・龍江の天龍峡エリアでも公演があります

 

川路地区人形

 8/3(木) 19:00 川路公民館

 8/5(土) 10:00 川路小学校

 8/6(日) 10:00 かわらんべ

 

龍江地区人形

 8/3(木) 10:00 龍江保育園

 8/4(金) 18:30 龍江公民館

 8/5(土) 10:00 三区神明社境内

        10:00   龍江一区公民館

 8/6(日) 10:00 龍江四区公民館

        13:00 今田人形の館

 

飯田時又灯ろう流し

 

8/16(水) 午後7時〜

問合せ 電話 0265-26-7355 、 0265-22-4851

花火も上がります花火

天竜川を下る灯ろうと打ち上げられる花火の静と動のコントラスト

 

JR東海鉄道ファンクラブ 鉄道博物館開館

 

8/15(火)・16(水) 10:00〜17:00

夏休みの特別開館です

夏休みに帰省中のお孫さんを連れてお出かけくださいね電車

 

チラシには 16(水)・17(木)となっておりますが間違いです

 

果物狩りシーズンです

 

ぶどう狩り 8/10(木)オープンぶどう

 

 8/10〜8/下旬   ノースレッド

 8/中旬〜 9/上旬 ナイアガラ

 8/下旬〜9/中旬  スチューベン

 8/末〜9/中旬   安芸クィーン

 9/上旬〜9/下旬  巨峰

無くなり次第終了です

要予約・要電話確認

問合せ 農業法人今田平 

    電話 0265-27-5020 

    携帯電話 080-5141-0487

    FAX 0265-27-5001

 

りんご狩り 8/お盆過ぎからりんご

 

12月初めまでの長い期間りんご狩りが出来ます

種類も豊富でいろいろなりんごが楽しめます

 

問合せ 天龍峡りんご狩り組合

    電話 0265-27-3322

 

ブルーベリー狩りブルーベリー

 

 7/17〜8月末

 相野屋ファーム

 定休日 毎週水曜日、第三木曜日

 要予約・要電話確認

 携帯電話 080-5109-3652

 暑いですが長袖シャツと手袋の着用をおすすめします

 

桃狩り桃


 千代岡農園 

 問合せ 0265-27-2855

 木下農園

 問合せ 0265-27-2366

 

高校生レストラン

 

下伊那農業高校の生徒によるレストランレストラン

温泉交流館「ご湯っくり」内の食堂「農耕百花」にて提供

8/19(土) 11:00〜14:00

今月は小学生と一緒に作るカレー食堂 「鹿肉のキーマカレー」カレー

是非召し上がってみてね

 

暑さの厳しい夏休みですが、天龍峡の峡谷をわたる涼風にあたりながらいろいろなイベントをお楽しみくださいね

(c hara)

 

 

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

南信州から愛知県東栄町・新城市を通り、静岡県浜松市へとつながる三遠南信自動車道の天竜川とJR飯田線にかかる「天龍峡大橋(仮称)」のアーチ部閉合式が行われますお祝い

天竜川右岸と左岸をつなぐアーチがだんだんと近づいてきていましたが、7/25にドッキングして記念式典を待つばかり拍手

 

完成予想図

 

閉合式記念式典は

日 時 : 7月30日(日)10時から

場 所 : 天龍峡IC付近

駐車場 : 天龍峡中央駐車場他 (天龍峡IC駐車場は来賓用になり一般は使えません)

 

長さ280m、高さ80mの大きな橋の建設は想像もつかない技術の高さによります。

式典では最新建設技術デモンストレーションも行われます

また、地元の子供たちのアトラクションなどもありますので是非お出かけいただき、これからの工事の安全をお祈りくださいありがとう

 

天龍峡大橋アーチのドッキングまでの様子を以下、写真で紹介いたしますカメラ

龍角峯の上から(7/13撮影)

アーチを張出し架設するケーブルクレーンの様子がよく分かります

 

7/24にはここまでつながってきています

 

天竜川下流の三穂地区の下瀬から(7/24撮影)

大きな鉄塔とそこを渡るケーブルクレーンがよく見えます

 

アップするとこんな様子(7/24撮影)

アーチのつなぎの左下には吊り橋が小さく見えます橋

また、安全ネットの下にはJR飯田線の鉄橋も見えます電車

 

7/25にアーチがドッキングしましたやったー

ケーブルクレーンの置かれている場所が最後の部材が接合されたところでしょうか。

ひとつの部材は幅2m、高さ2.5m、長さ4mおよび10mで、重さは20〜40tあるとのこと。

大変な工事ですかなづち

 

下瀬からの様子は全容が良く見えて最高のビューポイントですね電球

 

閉合式が行われる天龍峡IC周辺です

橋の部材の運搬やIC整備の大きなトラックが行き交いますトラック

ICあたりをご通行の方はお気を付けください工事

 

天龍峡大橋の建設の様子は写真で紹介したように吊り橋(つつじ橋)や龍角峯の上から迫力ある建設現場がご覧いただけます目

遊歩道の散策を楽しまれながら大橋の様子もご覧くださいね。

来年の夏から秋ごろには橋の全体像が見えてくるとのことで、これからの工事の進み具合が楽しみですkyu

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

JR飯田線が全通して80周年を迎えました電車

「伊那電気鉄道電車」「三信鉄道電車」「鳳来寺鉄道電車」「豊川鉄道電車」の4社の全線がつながったのは1937年8月20日のことです。

 

天龍峡観光案内所2階の資料館では飯田線の豊橋駅から飯田駅間の駅舎の写真展を開催しています。

この写真は地元の小木曽芳雄さんが撮影したものですカメラ

 

天龍峡観光案内所の入口の隣にある資料館のドアからお入りくださいドア

 

天龍峡資料館入口です

ベンチもテーブルもありますのでご休憩もしていただけます椅子

 

駅舎写真展 起点駅である豊橋駅から飯田駅までの60駅の写真を展示しています

 

秘境駅ランキングの掲示もしたのでお気に入りの駅のランキングを探してね一位

 

飯田線全線94駅名の手ぬぐいも飾っています

 

飯田線(旧三信鉄道部分)の大変難しいトンネルの測量と工事に尽力された川村カ子ト(かねと)さんの写真も工事工事

 

急峻な峡谷がトンネルでつながった駅と駅、谷あいの小さな無人駅、大自然の中にポツンと佇む秘境駅駅

駅のドラマを感じていただける写真展にお出かけください

(c hara)

 

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

 天龍峡ご案内人と一緒に歩く
夏の天龍峡お楽しみ付き散策

天龍峡ご案内人と一緒に、夏の天龍峡の遊歩道を歩いてみませんか♪
遊歩道の中なので木陰の下を歩き、最後に涼しい地元のお店にて
地元の方々と飯田弁でおしゃべりを楽しむ、そんな出会いを大切にする散策です。

嬉しい特典が付きますよ
例えば・・・
遊歩道沿いのお店に入り

・天龍峡産の冷たいりんごジュース
・ミニかき氷

・ソフトクリームソフトクリーム     などなど。
どの特典が付くかは、当日のお楽しみ

●期   間  : 8月末まで<事前予約受付中です>
●時   間  : <出発>お時間はお気軽にご相談下さい!
          <所要時間>約1時間半〜2時間程
●集合場所 : 天龍峡観光案内所へ
●料  金  : お一人 500円
          (小学生以下300円)


前日までにご予約をお願いいたしますが、まずはお気軽にご相談ください
他のお客様と一緒になることがございますが、ご了承ください

【お問い合わせ・お申し込み】
天龍峡観光案内所 TEL/FAX:0265-27-2946


 

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ
 夏らしい青空と緑が美しい天龍峡より 毎年も好評を頂いてります☆夏の特別企画☆を実施致します。   「ご案内人と歩く 天龍峡お楽しみ付き散策」  ご案内人の案内のもと一緒に遊歩道を歩いた後、うれしい特典! 遊歩道沿いのお店に寄り、りんご畑の中で冷たーい自家製りんごジュースを頂きます♪  ご希望の方は農園さんの畑にて自分で採った新鮮野菜を買って帰る事も出来ます。 夏休みの思い出にご家族、グループの方々と一緒にいかがでしょうか?   期間:8月11日(土)〜16日(木) 期間中毎日開催!        時間:出発    朝9時〜9時半の間        所要時間  1時間半〜2時間     料金:お一人500円(小学生以下300円・りんごジュースを飲めないお子様は無料)                集合場所:天龍峡観光案内所前
by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

カレンダーも折り返しの7月となりましたカレンダー

暑さも本番となっていきますが、峡谷の深い緑陰を渡る風がさわやかな天龍峡から7月のあれこれをお知らせいたします

 

 

七夕七夕飾り

7/1(土)〜7/7(金)

毎年天龍峡観光案内所のホールに笹と短冊を用意してお客様に願い事を書いて頂き飾り付けます

 

 

お祭り川路祇園祭り

7/8(土)

川路の8地区ごとに囃子屋台が練り歩きます

獅子舞を出す地区もありますよ

この行事は江戸時代中期の天竜川の氾濫から始まったとされます

天竜川の治水祈願として行われてきたものですが、今では無病息災など全ての厄除けとされて受け継がれる伝統行事です

 

 

子供かわらんべ祭り

7/29(土) 9:00〜15:00

毎年恒例の夏の行事です

「ソーラーカー作り」(事前予約)

「楽しく防災体験」

「親子で夏休み工作」

「毎年人気の木工作」

ほか、魚つかみ・金魚つかみ・ジャンボシャボン玉・パン!クズ大会・グランドゴルフ・お手玉作りと遊び方

各展示

郷土食や地域の農産物販売

 

1日親子で楽しむことができる楽しいかわらんべ祭りです

問合せ先 かわらんべ 電話0265-27-6115

 

 

天龍峡の峡谷では龍峡サツキが見頃になっています

梅雨明け前の峡谷もしっとりとしていいですよ

(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ

今年は天龍峡と命名されて170周年になりますおめでとう

 

景勝地天龍峡は、命名されるまでは「ホッキ」(川の狭い場所という意味)などと呼ばれていました川

さかのぼる事170年前、江戸時代の終わり弘化4年(1847)4月29日に天龍峡と名付けられました。

この日付は旧暦のもの、現代の新暦に換算すると弘化4年6月12日となりますカレンダー

 

岡山県出身で江戸で漢学を学んでいた阪谷朗廬(さかたに ろうろ)と、これを客人に迎えた地元川路の郷医で文人であった関島松泉との、文学談義のなかから天龍峡と名付けられました。

命名は峡谷の美を一気に筆を運んで書き上げた阪谷朗廬の「遊天龍峡記」によります。

この「遊天龍峡記」の碑は第二公園北側の小山の上に建っています(大正4年建立)ので散策の折にぜひご覧ください。

 

この「遊天龍峡記」は漢文で書かれていて現代人には非常に難しいものです。

書き出しはこんなふうに始まります。

本余愛諏訪湖明秀 沿天龍川南下 両山如墻壁 さく(山篇に乍)崿摩・・・』

この読み下し文は

本余、諏訪湖の明秀を愛でつつ、天竜川に添うて南下す。両山墻壁(しょうへき)の如く、さく崿(がく)天を摩す。・・・』

読み下し文でも非常に難しいものですね。

 

さて、天龍峡命名の一文はこの「遊天龍峡記」の一番末にあります。

本・・・因定称天龍峡

読み下し文は

本・・・因りて定めて天龍峡と称すと云う

第二公園の碑をご覧になるとき、一番最後の一文から『天龍峡』を探してみてください。

 

こうして名付けられた天龍峡、その後

星昭和9年 名勝指定

星昭和44年 天竜奥三河国定公園指定

となりました。

 

地元の宝として愛されてきた天龍峡星

この美しい峡谷ははるか彼方の遠い遠い時代から同じ景色があって、多くの先人が眺めてきたかと思うと感慨深い思いになります川(c hara)

 

参考文献 今村真直氏「天龍峡紀行」

 

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ
新着情報
お知らせカテゴリ
月別アーカイブ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
リンク
RSS配信
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ
天龍峡温泉観光協会

ページ先頭へ