お知らせ

12月に入ると市田柿が出荷され出します柿

天龍峡の直売所「あざれあ」にも贈答用から自家用までの市田柿が並びだしました柿

 

飯田下伊那地区は市田柿の産地として有名で、全国一の干し柿の産地です顔

寒い時期にはこの市田柿とお漬物がお茶の時間には出てきますお茶

また、元旦の朝には福茶と一緒に歯がためとして「市田柿・田作り・福豆」などと一緒に食べる縁起物です

 

星あざれあの市田柿コーナーには贈答の箱入り、パック入り、自家用の袋入りと様々な種類が並び始めました。

 

《市田柿が出来るまで》

まず始めは年明けの寒い時期から柿の木の剪定作業ですのこぎり

防寒着に身を包んだ柿農家のおじさんの姿を目にします帽子コート

5月末頃に柿の花が咲き白い花7月頃からは大きな柿の実を収穫の為の摘果作業をします。

そして10月末から収穫し柿いよいよ干し柿作りとなります。

 

収穫された市田柿はむき残しのないよう丁寧に皮をむき、柿と柿が当たらないように吊るされます。

 温度管理も大変で、乾燥しすぎず、水分が多すぎずの絶妙なバランスは農家の方の長年培われた手手と目と目
 扇風機も動員して自然の風と合わせてのお天気具合を読みながらの作業です天気雨

 昼間に乾燥した柿は、朝の川霧のミストで程よい湿り気をもらい、といった具合に繰り返すこと1ヵ月カレンダー

 

生柿の35%くらいに乾燥すると、紐から外されます

 柿のヘタの部分を1個づつ丁寧にハサミで切り揃えますハサミ

 柿の大きさに仕分けしてサイズごとに作業されます

 コロコロと揺すったりの作業を繰り返すと次第に乾燥しながら粉が吹いてきます

 

そろそろ出荷が近づいてきた市田柿嬉しい

 おいしそうです嬉しい

 どんな仕上がりか、つまみ食いをするのがこのくらいになった時の楽しみ食べる

 1年かけて手をかけてきた市田柿です、美味しい干し柿が出来上がって出荷するときは大事な娘をお嫁に出す心境花嫁

 

今年は10月に2度の台風台風そして雨雨の影響で農作物が不作でした悲しい

市田柿も同じで収穫できる柿がいつもの半分以下だったようです悲しい

 

今年の市田柿は貴重ですキラキラ品切れにならないよう早めにお買い求めくださいねダッシュ(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

飯田市は今朝は氷点下5.5℃となりました。

放射冷却で寒さはひとしおですが、青空がきれいな朝です。

 

JR天竜峡駅構内の向こうに中央アルプスが見えます山

 

姑射橋広場からの眺めです。

中央の白く見える山は南駒ケ岳あたりの山々です。

真下には天竜ライン下りの船着場があります川

 

 

右側手前の山は飯田下伊那地区のシンボル「権現山」ですありがとう

通称風越山(かざこしやま)と呼ばれています山

9合目には重要文化財の白山社奥宮があります鳥居

標高1535.1m、上から読んでも下から読んでも標高になるんですよ笑う

この山のふもとに飯田市中心地が広がっています。

 

昨日はこの風越山も真っ白になっていました山

天龍峡から中央アルプスの山々を見ながらの散策やライン下りは冬ならではの「おとっとき」kyu

「おとっとき」は飯田弁でとてもいいもの・とても大事なものをここぞの時に出すことです。

(c hara)

 

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

天龍峡は名勝地としての峡谷の景観が有名です川

その峡谷を吊り橋と姑射橋を渡って一回りする遊歩道があります。

ゆっくり歩いて1時間、約2kmのコースになっています歩く

 

峡谷の雄大な景観も魅力ですが、きょうは冬ならではの遊歩道沿いの可愛い植物を紹介します。

 

イオウゴケ

第二公園入口のお宿「峡泉」にある木製の看板の屋根にある地衣類

赤い頭で待ち針のようなのがイオウゴケ待ち針

 

モヤモヤ〜っとした白いものの名前は不詳?

ニ條侯爵の天龍峡碑の脇にあるので是非ご覧ください。

一年中こんな状態です。

 

シシガシラ(シダ植物)葉

第二公園入口の上り坂斜面に沢山生育しています。

冬はロゼッタ状になっています。

夏はもう少し葉を立たせてライオンの立て髪のようです。

 

夏のシシガシラ

紅系に見えてきれいなのは胞子?でしょうか。

葉も立っていてライオンの立て髪が由来ともいう名前を連想させますねライオン

 

ヤブコウジ赤い実

第二公園の土手に沢山植生しています。

お正月に生花に使われる「センリョウ(千両)」や鉢物にある「マンリョウ(万両)」と同じに縁起物。

このヤブウジは小さいので「ジュウリョウ(十両)」と別名も。

ヒャクリョウ(百両)というのもあって、それはカラタチバナ。

 

リュウノヒゲ龍

第二公園から天竜川の峡谷沿いの遊歩道の斜面に沢山植生しています。

夏に白くて小さな小さな花を咲かせたリュウノヒゲ

暑い夏を過ぎて秋には緑色の実が付き、紅葉も終わるころから青く変身してきました青い実

龍のヒゲのような細くて長い葉をそーっと「ごめんなんしょ」とかき分けると出てきますこんにちは

1月末あたりまできれいなラピスラズリのような輝きを見せてくれますき

 

冬の遊歩道、足元の小さな植物にも目を向けると楽しくなりますよニコッ(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

大寒を過ぎ、冬至へと向かうこの時期は夜が早く訪れ寒さへと向かいます冬

天龍峡もちらちらと雪が舞う寒い日です雪

寒くても天龍峡は、こんなに素敵なんですよ。

 

きょうの冬の天龍峡の魅力は、天龍峡十勝を代表する「龍角峯」の上からと対岸からの様子です。

 

龍角峯の上から北(天竜川上流)を望んで。

中央アルプス、その前山は雪荒れで真っ白に見えています雪

1ヵ月前には黄葉が美しかった峡谷は裸木となりました。

 

 

三遠南信自動車道の基礎のアーチの上にはいつの間にか道路の部分が設置されました橋

樹々の葉が落ちた冬は工事現場の様子がよく見えます。

一番上部の平らな所が道路、二階建てになっていて1階部が歩道歩く、2階部が車道になる予定車

 

龍角峯のてっぺんはこんな風になっています岩

てっぺんの岩の右にはアベマキ、左にはアカマツの古木が岩を割って根を回しています木

まるで龍が巻き付いているようです龍

 

 

龍角峯を対岸から全景を望みます。

静かになった峡谷の遊歩道は吊り橋を渡る人もなく、この景色を独り占めですkyu

 

ちょうどライン下りの帰り船が来ました。

シートに覆われた舟にはこたつが入った暖房船になっています。

エメエラルドグリーンの天竜川の川色が美しい季節です川

 

この自然の中に溶け込むように静かに過ごせる天龍峡ですよキラキラ(c hara)

 

by 天龍峡温泉観光協会季節情報

きょうは気温も上がらず、外に出ると手がかじかんでしまう寒さ曇り寒い

そんな中、神奈川県から郵便局のご当地消印の収集に来られたお客様がおられましたポスト

 

ご本人さまにも了解を得ましたので写真を掲載させていただきますどこも

川崎からお見えの片桐様は御年○○歳、笑顔でカメラに納まってくださいましたカメラ

 

以前は郵便局にお勤めだったとのことで、全国の郵便局を回ってはご当地消印を収集されているそうです。

ようこそ天龍峡へお越しくださいましたpo

東海道本線から飯田線へ乗り換えての旅電車

今夜は飯田市内に宿泊されて明日は伊那へ向われる予定とかホテル

 

JR天竜峡駅から徒歩の範囲にある郵便局は「郵便局天龍峡郵便局」と「郵便局龍江郵便局」。

龍江郵便局は上り坂の山道をひたすらに30分近く歩きますDocomo91

往復1時間かからずにお戻りくださいました。

天龍峡郵便局は7〜8分の距離ですDocomo91

 

2か所のご当地消印を押されたハガキもお見せくださいましたハガキ

龍江郵便局はりんごの形の中に「スタンプ今田人形、天龍峡の舟下り」、

天龍峡郵便局は「スタンプ天龍峡」の図柄です。

こんな収集も楽しくていいものだなぁ、と旅の楽しみ方を一つ知りましたニコッ

 

天龍峡観光案内所にもこんなスタンプがありますのでお立ち寄りくださいねスタンプ

 

お勤めの時にはお着物で勤務されていたという片桐様、今度は着物姿でご来峡くださいますのをお待ちしております着物(c hara)

by 天龍峡温泉観光協会お知らせ
新着情報
お知らせカテゴリ
月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
RSS配信
携帯アクセス
qrcode
お問い合わせ
天龍峡温泉観光協会

ページ先頭へ